東京の死亡率と永代供養の供養期間

東京は、日本最大の人口密度を誇り約1350万人が居住する都市であり、毎年10万人以上人口が増加しています。
その為、戦後間もない頃より社会問題であった墓地不足に加え、年間死者数のピーク時には現在の年間者数の24%〜32%にあたる30万人〜40万人程度増加するとされ、更に墓地価格の高騰が深刻化すると推測されています。

東京から高野山真言宗情報はすぐに役立ちます。

年間死者数が11万人超えている東京は、10万人対する死亡者数を表す死亡率が沖縄県の8.0や神奈川県の8.4に続き8.5と低いのですが、自然増減率は僅かにマイナスとなっているので、墓の継承者の問題も更に深刻化するとされ永代供養に関心が集まっています。

お勧めのOKWaveに関する予備知識が満載です。

永代供養は、一般的な埋葬墓の様に高額な墓石が不要なので初期費用が大きく抑えられるメリットに加え、子世代や孫世代の墓継承による負担を軽減出来るメリットもあり東京など都市部で需要が高まっていますが、交通の利便性の高い都市部や付加価値の高い商業圏内にある供養施設ほど販売価格が高額な傾向があり、予算に合わせてエリアを妥協する遺族や高齢者が多くなっています。



永代供養は、永遠と言える長い期間供養して貰える契約ですが、現在では寺院によって供養期間が異なるので自分達がどれだけの期間供養して欲しいのか考える必要があります。

又、永代供養には、合祀供養と個別供養があり、個別供養を希望するならばロッカー型供養墓や自動搬送型の供養墓など自分のニーズと予算にあった供養墓を選択する必要があります。